教養広場 ~論理パズル・推理クイズから科学まで~

【毎週月曜更新】このブログでは、自作の論理パズルや小説を通じて、何らかの学びが得られるようにお手伝いいたします。

【推理クイズ 上級】アニマル学園のバスケ試合

 

アニマル学園中学では、2年生と3年生対抗のバスケットの試合がありました。2年生は偶然(ぐうぜん)にも5人とも奇数の得点をかせぎ、3年生の5人はこれまた偶然にも全員偶数の得点をかせぎました。入れた点数は全員それぞれ違い、10人全員が10点以上を得点したそうです。

そして、それぞれは自分の入れた得点に関し次のように発言しています。

 

馬面(うまづら)君 「ぼくは象嵐(ぞうあらし)君より3点多く入れた」

猿渡(さるわたり)君 「狐塚(きつねづか)君はぼくより6点多い」

狐塚君 「10人中最も得点が多かったものよりぼくは4点少なかった」

犬神君 「猿渡君は、ぼくよりかせいだ。でもぼくはビリではない」

鯨尾(くじらお)君 「相手チームにぼくの2倍をかせいだものがいる」

虎丸君 「ぼくがかせいだ点は猫目(ねこめ)君より2点多い」

蛇穴(へびあな)君 「ぼくは虎丸君より5点多い」

牛毛(うしげ)君 「ぼくは象嵐君より10点多いよ」

猫目君 「ぼくは馬面君より1点多い」

象嵐君 「ぼくは鯨尾君より2点多いんだ」

 

さて、10人はそれぞれ2年と3年のどちらのチームに属(ぞく)していて、

それぞれ何点かせいだのでしょう?

またゲームの結果はどちらが勝ったのでしょう?